ヴォクシー価格調査室NEW|新型煌ハイブリッドも最安で買う!

簡単な3ステップでヴォクシーの価格は大きく下がる!

ヴォクシーの購入を現在お考えの人にとっては、どこで買うかとか、グレードやオプションはどうするかなど色々と楽しい悩みも多いかと思いますが、一番悩ましいのは「結局、価格はいくらになるのか」「どれだけ値下げできるのか」ではないかと思います。

 

ヴォクシークラスの車になると、ちょっとした価格の違いが積み重なってトータルで大きな差が出るので、ここは慎重に行きたいところですよね。

 

 

まずチェックする2つのポイント

ヴォクシーの見積もりは当然全てのディーラーから取りますが、その際に留意して欲しい点が2つあります。
それは、
(1)まず、ヴォクシーの新車の相場を知ること
(2)そして、見積もりを「下取りアリ」と「下取りナシ」の2種類で取る
ということです。

 

ヴォクシーはどこのディーラーから買うかとても大事なポイントです

 

ヴォクシーの価格の相場を知ろう!

ヴォクシーの新車の価格の相場はネットであちこち探し回らなくても、【オートックワン】で簡単に全国のディーラーから無料の一括見積もりが取れるので利用すると便利です。

 

オートックワンは伊藤忠商事やSBIグループの出資する会社ですので、信頼出来ますし、結果も1-2分で分かります。

 

こちらでヴォクシーの相場を知ってからディーラーに出かければ、根拠を持って有利に交渉を進めることも出来ますね!

 

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!


 

また、完全な「新車」にこだわらないなら、「新古車」「未使用車」を購入するという手立てもあります。これらは実はメーカーから”販売実績作り”のためにディーラーを通さずに流通しているもので、基本的に「新車と中身は変わりません」。車検はついています。また、メーカーの保証もディーラーで簡単手続きするだけで受けることが出来ますのでお買い得ですよね!

≪「備考」欄に、「新古車」「未使用車」希望!と入れて下さい。≫

 

お得なヴォクシーの新古車・未使用車の価格をチェック!>>

 

見積もりは2種類取りましょう!

「下取りアリ」と「下取りナシ」の両方で見積もりを取ると、そのディーラーがヴォクシーをいくらで売るのか、また現在の愛車をいくらで下取りするつもりなのかが分かります。

 

ヴォクシー自体は、先ほどの「オートックワン」の見積もりも参考に、最も安い価格のディーラーで買うとして、この下取り価格が意外と大きな損得の分かれ道になります。

 

と言うのは、ディーラーが買い叩こうとしている愛車の下取り価格は、中古車市場の買取り価格よりも相当安いことが多いのです。

 

現在の愛車の最高価格はいくら?

ヴォクシーの価格を安くすることに成功しました!

現在の愛車を最高価格で買い取ってもらえたら、その分をヴォクシーの購入費にあてる事が出来て、実質的に最安値でヴォクシーを買えたのと同じになりますよね。

 

ここを上手にやれば、かなりの金額の差が出て来ます。

 

その為にはどうすればいいでしょうか。
ここで是非ともオススメしたいのは、全国にネットワークを持つ大手中古車買取り業者の査定ですオンラインで簡単、無料で一括査定が可能です!
きっと満足できる買取り価格を提示してくれることでしょう。

 

ネットワーク加盟業者によっては事情で通常以上の高値で引き取ってくれる場合があるので、ぜひ複数のサイトで査定されることをお薦めします!

 

ズバット車買取比較

「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>


《ズバット車買取比較》では、大手査定会社のJac、ガリバー、カーセブン、ラビットなどを含む 145社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので、 手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます!出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!

 

かんたん車査定ガイド

「かんたん車査定ガイド」で確認して見る!>>


中古車の買取査定サイトの決定版!! 今すぐネットで愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」。簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!!ボタン一つであなたの中古車の最高額が分かります!
高額査定をしてくれる会社を探して走り回る時代はもう終わり。車を高く売りたいのならネットで一括比較です!

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

「カーセンサー.net簡単ネット査定」で確認して見る!>>


中古車情報誌カーセンサーのwebサイト『カーセンサーnet』は、リクルートが運営するクルマ総合情報サイト。
中古車買取一括査定も全国の買取店が参画。たった2,3分程度の入力作業で完了。カーセンサーにしか掲載していない買取店もあるから一番高く買い取ってくれるお店が探しやすい!

ヴォクシーの変遷と特徴

ネッツ店らしいスポーティなデザイン

VOXYが販売されるネッツ系のトヨタ車は、どちらかというと他の系列販売店での取り扱い車種と比較して、若者にアピールするスポーティイメージのアレンジが施されている。

 

例えば兄妹車であるノアは、ボディなどが共通にもかかわらず、どことなく野暮ったさを感じるのだがヴォクシーはそれを感じさせない。2代目以降はネッツ専用車種共通のNマークエンブレムなど細かなデザインのフィニッシュ、イメージカラーの取り扱いなどでここまで印象が変わるのはトヨタのデザインを褒めるべきだろう。

 

ヴォクシー初代モデル

ライトエースノアの後継車として、5ナンバー専用モデルのミニバンとして人気を博した。2004年のマイナーチェンジ後に全車CVTを採用する。このモデルまでは、ミニバンと言うよりもまだ商用ワンボックスの延長感が残っているため、「Z 煌」などの特別仕様車を除き、爆発的な人気とは言えなかった。

 

ヴォクシー2代目モデル

センターメーターなどキープコンセプトではあったが、ライバル車である日産セレナに設定されたハイウェイスターに対抗した、ZS・Zモデルでワイドタイヤ装着により幅が1720mmに拡大され3ナンバーモデルの登場で、若者を中心に人気が上昇する。ZSモデルではパドルシフトが採用されたのも注目だ。

 

初代で人気よんだ「Z 煌」に続き「Z 煌II」を発売、メッキの多様で価格は高価だったが、他のモデルやノアとの差別化を計ることが出来たのが良かったのだろう。エンジンはバルブタイミングではなくバルブリフト量を回転に応じて変更するバルブマチック機構を使用した3ZR−FEを採用。好燃費に繋がるこれは、ボディが重いミニバンにとってはかなり有利となる。

 

ヴォクシー現行モデル

先代モデルよりも低床になったシャシーに室内高を高く取ったことで室内に余裕が出来た。ステップなしでの乗り込みが可能となり、ミニバンとしての使い勝手が向上した。

 

先代モデルまでは設定されていた5人乗り仕様が無くなったのが少し残念だが、運転席の着座位置が極端に高いことはなく、大柄な車のドライバーが感じる疎外感はほぼ無いので、ファミリーユースにはお薦めできる。

 

ただし歴代モデル同様1700mm以下の5ナンバー枠に入るボディを採用しているため、横幅に余裕を感じないのは仕方がない。(ワイドタイヤを採用しているZSグレードは1730mmで3ナンバーとなる)

 

現行からはリアサスペンションのトーションビームにスタビライザーが追加された恩恵だと思うが、先代と比較してステアリング舵角を大きく取ったときにリア側の反応が遅れる所謂ミニバン特有の剛性感の無さはかなり改善されている。

 

ガソリン車に採用されたSuper CVT-iの変速機はハイブリッド車の電気式無段階変速同様に、以前のモデルで感じた「ずっとミッションが滑っている」様なCVT独特の感覚は希薄になり、ダイレクトにレスポンスする好印象となった。アイドリングストップが一部グレードを除きほぼ全車に採用されたことも、現代のトヨタ車らしい。

 

ガソリン車のエンジンは、先代に使用された3ZR−FEの改良型となる3ZR-FEAを採用。好燃費ばかりでなく2Lクラスのエンジンにありがちな低速でのもたつきがさらに少なくなった。前述のSuper CVT-iとの組み合わせで街乗りはかなり快適だ。

 

ハイブリッド車は1.6tを超える重さのボディだが、実際にはもっと軽いボディの車を操っている様に感じる。トヨタのハイブリッド車で採用されている電気式無段階変速のチューニングは、モーター独特のトルクを制御する技術がドンドン向上しているようで、新しいモデルほどより扱いやすくなっているようだ。

トヨタ・ヴォクシー体験談・レポート

シンプルで実用性がオススメのヴォクシー 神奈川県 Tさん

うちの主人は大のトヨタ車ファンで、今まで何台か車を買い替えてきましたが、どれもトヨタ車でした。結婚前から乗っていた車が古くなり、結婚して初めての買い替えの時に、主人がヴォクシーがいいんじゃないかと言い出しました。私は車には詳しくなかったのでまかせましたが、買い物に便利という点とアウトドアにもいいという点で賛成しました。お店で試乗もさせてもらいましたが、特に問題点もなく、ファミリーカーとしてとてもいいと思いました。それで即決して購入した次第です。ヴォクシーの色も迷ったのですが、ころんとした

 

つづきはコチラ>>

 

シャープで男らしくカッコイイ私のヴォクシーZ煌 埼玉県 Uさん

2005年に新車でヴォクシーを購入した現在40代の男性です。自分が乗っているヴォクシーについて語ってみたいと思います。何と言ってもこの型のヴォクシーが最高にかっこいいですね。自分が購入したのはZ煌というグレードで、ヴォクシーのトップグレードのZの特別仕様車です。気に入っているのはそのスタイリングです。エッジの効いたそのフォルムは、いわゆるアニメのガンダムのようなシャープさを感じさせます。

 

しかもノーマルのグレードではフロントスポイラーとかリアスポイラーが当然オプションですが。このZ煌は最初から専用のエアロが装着されています。しかも後付のエアロと違い、派手すぎないのがポイントです。ノーマルのヴォクシーにメーカーオプションのエアロを付けてもそれはそれでかっこいいのですが、ちょっと派手すぎるのです。いかにもエアロ付けました〜!的なアピールしたい人にはいいと思いますが。子供も妻も載せる車にちょっとやんちゃすぎるかな・・・と言う印象でした。しかしZ煌のエアロは派手すぎない、でも自己主張はしっかりする、そんな大人の雰囲気なのです。なんど見ても飽きません。

 

また使い勝手も良いと思います。エアロに使い勝手?と思うかもしれませんが、私が注目しているのはその高さです。最低地上高と言うのでしょうか、エアロつけると車高が下がったように見えて、かっこいいのですが一つ不便なことが、それはエアロを付けた方は経験あるかもしれませんが、段差でこすったり、良くあるのは車止めに当ったり。まあエアロの低さには規定があるので、車検に通る高さにしていればこすることもないのでしょうが。人がたくさん載っていたりすると接触しそうな感じで、ちょっと運転に気を使いますよね。

 

つづきはコチラ>>

 

買って正解だった乗りやすく運転しやすいヴォクシー 富山県 Iさん

私は現在40代前半の男性です。妻と小学3年生の娘、そして小学1年生の息子とともに暮らしています。以前まではセダンタイプの普通乗用車に乗っていたのですが、昨年の春にこの車を廃車にして、TOYOTA ヴォクシーを購入しました。私はそれ以前から大きな車が好きで、子どもの今後の成長を考えてミニバンの購入を考えていました。

 

妹が車の販売会社で勤めているため、ミニバンのオススメを聞くと、トヨタ製なら安心だろうと、ヴォクシーとノアを挙げてくれました。そしてさっそくディーラーへ行き試乗させてもらうと、アクセルが非常に軽く、視界が良いと感じたのがヴォクシーで、運転のしやすさをまず感じました。

 

店員さんにも「二世帯、三世帯家族の場合はノアをオススメしますが、お子さんがまだ小さいのであれば、ヴォクシーの方がオススメです」と言われました。また、ノアに比べてオプション選択の幅が広いというのが魅力とのことでした。私はさんざん迷った挙句、8人乗り3列シートのヴォクシーを購入しました。

 

購入した際に、HDDのDVDナビとフリップダウンモニタなども装備してもらったのですが、これには子どもたちにも大好評で、週末などのドライブを家族みんなで楽しんでいます。

 

つづきはコチラ>>